会社の沿革
昭和26年(1951年)
 4月 布施市(現・東大阪市)高井田中
     1丁目にて、資本金50万円で、
     ケーブル工業株式会社を設立
     する。トヨタ自動車工業骸現・ト
     ヨタ自動車馨と取引開始する。
     青木博三取締役社長に就任す
     る。

昭和27年(1952年)
 2月 トヨタ自動車販売骸現・トヨタ自
     動車馨と取引開始する。
 6月 日本自動車計器骸現・矢崎計
     器馨と取引開始し、本田技研
     工業梶A鈴木自動車工業骸現
     ・スズキ馨向を受託生産する。

昭和29年(1954年)
 6月 企業発展のため、東大阪市高
     井田西1丁目に移転する。

昭和30年(1955年)
12月 アウタケーブルのビニール被覆
     製造を始める。

昭和34年(1959年)
 3月 ダイハツ工業鰍ニ取引開始する

昭和35年(1960年)
11月 川崎重工業鰍ニ取引開始する。

昭和37年(1962年)
 4月 スズキ鰍ニ取引開始する。
 6月 インナケーブルの歪取機を開発
     する。
12月 富士重工業鰍ニ取引開始する。

昭和38年(1963年)
11月 東大阪市中石切町5丁目(現在
     地)に石切工場を建設する。

昭和39年(1964年)
 5月 資本金1,100万円に増資する。
11月 石切工場敷地に本社社屋を完
     成し、本社を現在地に移転する

昭和40年(1965年)
 5月 日本電装骸現・潟fンソー]と取
     引開始し、トヨタ自動車褐を、
     潟fンソー経由で納入する。

昭和41年(1966年)
 4月 インナ先端熔着の実用新案特許
     をとる。
 5月 取締役会長に青木博三、取締役
     社長に花井春三が就任する。

昭和43年(1968年)
11月 東大阪税務署より優良申告法人
     として表彰される(初回)

昭和44年(1969年)
 5月 本田技研工業鰍ニ取引開始す
     る。

昭和45年(1970年)
 5月 資本金3,000万円に増資する。
     岡山県和気郡佐伯町矢田430
     に、岡山工場の建設に着手す
     る。
 9月 潟fンソーより、マツダ褐を受
     託生産する。

昭和46年(1971年)
 1月 岡山工場完成し操業始める
    (敷地10,484u、建面積1,226u)

昭和48年(1973年)
 7月 岡山工場に、組立専用工場を完
     成する(建面積660u)
11月 潟fンソーより、いすゞ自動車
     向を受託生産する。
昭和50年(1975年)
 6月 樹脂アウタケーブルの製造を始
     める。

昭和52年(1977年)
 8月 ヤマハ発動機鰍ニ取引開始す
     る

昭和55年(1980年)
 5月 資本金5,000万円に増資する。 
 7月 岡山工場に、機械工場を増築す
     る。(建面積660u)

昭和56年(1981年)
 5月 資本金5,500万円に増資する。
     岡山工場に、組立工場を増築
     する。(建面積660u)

昭和57年(1982年)
 7月 トヨタ自動車工業鰍ニトヨタ自動
     車販売鰍ニの合併[現・トヨタ自
     動車馨に伴い補給品も潟fン
     ソー経由で納入する。

昭和58年(1983年)
 5月 資本金6,000万円に増資する。

昭和59年(1984年)
 2月 全自動インナ組立機を開発する。

昭和60年(1985年)
 6月 日輪ゴム工業骸現・潟jチリン]
     と取引開始する。
10月 岡山工場に、組立工場を増築す
     る。(建面積660u)

昭和61年(1986年)
12月 本社工場増改築完成。
    (建面積2,030u)

昭和63年(1988年) 
 5月 資本金6,500万円に増資する。
 7月 大阪労働基準局より進歩賞を受
     ける。

平成元年(1989年) 
 3月 岡山工場に、工場を増築する。
    (建面積1,344u)

平成2年(1990年)
11月 草刈機用ケ−ブルの製造を始め
     る。

平成3年(1991年)
 4月 本社工場の増改築完成。
    (建面積310u)
 5月 取締役会長に花井春三、取締役
     社長に青木嘉男が就任
 9月 自動車用電装部品(エンジンオイル
     レベルスイッチ)生産開始する。

平成4年(1992年)
 1月 自動車用サンルーフケーブルの
     製造を始める。

平成6年(1994年)
12月 東大阪商工会議所並びに日刊
     工業新聞社より、優良企業とし
     て表彰される。

平成7年(1995年)
 3月 大阪府知事より、品質管理推進
     優良企業表彰される。
 4月 アスモ鰍ニ取引開始し、OA機器
     部品を生産する。

平成8年(1996年)
 3月 自動車用ウォッシャ レベルスイ
     ッチ の生産を開始する。
 7月 大阪労働基準局より優良賞を受
     ける。
10月 ガソリン給油機用積算計の生産
     を開始する。
平成9年(1997年)
 6月 自動車用コントロール ケーブル
     の生産を開始する。

平成10年(1998年)
 3月 岡山工場に、工場を増築する。
    (建面積1,340u)
 6月 自動車用バキュ−ム スイッチ
     の生産を開始する。
11月 自動車用オイルプレッシャ ユニッ
     ト の生産を開始する。
平成11年(1999年)

 1月 自動車用ピックアップ センサの
     生産を開始する。
 5月 スタートインジェクト タイムスイッ
     チ (TZS)の生産を開始する。

平成12年(2000年)
12月 本社工場の無災害記録2,400日
     達成、中央労働災害防止協会
     より第3種・銅賞を受ける。

平成13年(2001年)
 2月 東大阪市より「東大阪市優良企
     業」として表彰される。
 4月 会社創立50周年を迎える。環境
     方針を発表する。
 8月 大阪労働局より「快適職場推進
     事業場」の認証を受ける。
 9月 自動車用 オ−トエアコン用内気
     温センサーの生産を開始する。
12月 東大阪商工会議所・日刊工業新
     聞社より、優良企業として表彰
     される(2度目)
     岡山労働局より「快適職場推進
     事業場」の認証を受ける。

平成14年(2002年)

 7月 ISO 14001認証取得(本社・本社
     工場,及び岡山工場)

平成15年(2003年)
 1月 本社工場の無災害記録3,100日
     達成、大阪労働局より無災害
     記録証(第4類)を受ける。
 4月 ISO 9001認証取得(本社・本社
     工場,及び岡山工場)
11月 東大阪税務署より優良申告法人
     として初回(1968年)より数えて
     通算8度目の表彰を受ける。

平成16年(2004年)
 6月 岡山工場の無災害記録1,600日
     達成、中央労働災害防止協会
     より第2種・進歩賞を受ける。
 7月 岡山工場の安全活動に対し岡
     山労働局より奨励賞受賞
 7月 本社工場の無災害記録4,600日
     達成、大阪労働局より無災害
     記録証(第5類)を受ける。

平成17年(2005年)
 5月 地場産業への貢献に対し岡山県
     佐伯町より特別表彰受賞。
 6月 本社工場の環境保全・創造活動
     に対し「おおさか環境賞」受賞。
 8月 本社工場の無災害記録3,600日
     達成、中央労働災害防止協会
     より第4種・銀賞を受ける。
 8月 自動車用 オ−トエアコン用日射
     センサーの生産を開始する。
  概要     工場案内      製品案内         各部署案内        表紙に戻る